>
管理栄養士・栄養士とは

管理栄養士・栄養士とは

 

管理栄養士 栄養士になるには




 

管理栄養士国家試験科目
社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論

 

管理栄養士とは・・・

厚生労働大臣の免許を受けて管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養の為必要な栄養指導、個人の栄養状態等に応じた高度の専門的知識・技術を駆使した健康の保持増進のための栄養指導、特定給食施設において利用者の栄養状態等に応じた特別の配慮を必要とする給食管理及びこれらの施設に対する栄養改善上必要な指導等を行うことを業とする者
 

栄養士とは・・・

都道府県知事の免許を受けて栄養士の名称を用いて栄養の指導に従事することを業とする者 

 

 

管理栄養士、栄養士の働く職場

【病院・診療所等】
① どこで働いているの?
病院・診療所等の栄養管理部門や薬局です。
 
② どんな仕事をしているの?
病院では、患者さんの健康・栄養状態、生活環境等を把握し、医師や他の医療職とともにチームの一員として、一人ひとりの状況にあった食事や栄養の管理、栄養食事指導を行っています。診療所や薬局においても、個人に対応したきめ細かい栄養食事指導を行っています。
    
【小学校・中学校等】
    どこで働いているの?
学校給食を実施している小学校・中学校、特別支援学校、学校給食共同調理場です。
 
    どんな仕事をしているの?
栄養教諭・学校栄養職員として、美味しく・楽しく・栄養のバランスのとれた給食づくりをするとともに、給食を活用した食育を行っています。具体的には、給食に地域産物の活用、行事食や郷土料理、バイキング給食などを取り入れ、給食時間における指導や、各教科、総合的な学習の時間などにおいて食に関する授業を行っています。また,食物アレルギーなどに対する個別指導や保護者対象の試食会等を通して,家庭や地域と連携した食育の推進に努めています。
       
 
【企業等の給食施設】
① どこで働いているの?
事業所、寮、寄宿舎などの産業給食や、矯正施設並びに防衛省当の栄養管理に関する部門です。
 
② どんな仕事をしているの?
産業給食では、生活習慣病予防・撲滅の取り組みがマスコミに取り上げられ注目を浴びている某企業の社員食堂に象徴されるように、産業給食を通じて勤労者の健康の維持増進を図っています。
 また,防衛や矯正部門では、独自の規定に基づきながら産業給食と同様に、食事提供者への健康の維持増進を図っています。
      
 
【研究教育機関】① どこで働いているの? 」
管理栄養士・栄養士養成施設やその他教育機関、公的機関や民間企業の研究部門です。
 
② どんな仕事をしているの?
近年、がん、心疾患、糖尿病などの生活習慣病が国民の大きな健康課題となり、保健・医療・福祉等の場において、管理栄養士・栄養士等の活躍が注目されています。管理栄養士・栄養士養成施設では、栄養管理や食事管理の専門職として、社会の期待に応えることができる人材を養成しています。また、栄養学、食品学等の基礎研究から、健康づくり、疾病予防改善、食育、給食等に関する実践研究等多岐にわたる研究活動も行っています。その他の教育機関では、調理師等の養成を、公的機関や民間企業では、健康・栄養に関する研究や新たな商品開発等の業務に取り組んでいます。
                           
 
【保健所・保健センター等】
① どこで働いているの?
県や保健所設置市の保健所及び市町の保健センターです。
 
    どんな仕事をしているの?
住民の健康問題を把握し、その解決に向け、ライフステージに応じた栄養・健康教室の開催、健康まつり等のイベントの企画、地域のリーダー育成など、栄養や食生活改善に関する施策に取組んでいます。
また、保健所では、学校、保育所、病院、老人福祉施設等の給食施設の栄養管理に関する指導・助言や、食品の栄養表示の適正化の推進等,食環境の整備にも取組んでいます。
  
     
 
【市や街の地域】 
① どこで働いているの?
子育てや介護、ご主人の転勤などの理由で各職域を退職後、フリーの管理栄養士・栄養士、または起業管理栄養士の活動する場として、市町村・公民館・地域の事業所などがあります。
 
② どんな仕事をしているの?
市町村・公民館・会社等の要望により、妊婦・子ども・成人・高齢者の各年代を対象とした栄養相談や健康・栄養教室を開催しています。起業栄養士としてアレルギー対策を専門に活躍している栄養士もいます。このように、地域で活動する管理栄養士・栄養士は、地域の方々の健康づくりをサポートしています。
 
     
 
【福祉施設】
① どこで働いているの?
老人ホームなどの老人福祉施設、保育園や児童養護施設、障害施設などの社会福祉施設等です。
 
② どんな仕事をしているの?
老人福祉施設での仕事は、入所者の栄養状態、身体状態、嗜好等を把握し、ニーズにあった幸せな生活を送っていただけるよう、計画にそったサービスの提供です。
児童福祉施設では、幼児期から食べる楽しさの体験や偏食の改善など、給食を通じて成長や発育段階に合わせた栄養管理を行うとともに、家庭から寄せられる食生活の相談にも応じています。
障害者施設では、子どもから高齢者まで様々な障害をもった利用者の栄養状態を踏まえ、咀嚼や嚥下への配慮など個々にあった支援をしています。また、個人の希望や喜びを感じていただけるように工夫した行事食、選択メニューやバイキング等の給食企画運営業務です。
        
        

 

管理栄養士

1. 病院では、管理栄養士が行うことにより、入院時食事療養費特別管理加算が認められ、更に、特別食加算、選択メニュー加算、食堂加算も認められる。また、管理栄養士による外来栄養食事指導料入院栄養食事指導料、在宅患者訪問食事指導料及び集団栄養食事指導料も算定できるので需要が高い。
2. 介護保険施設では、基本食事サービス費が減額にならないためには管理栄養士が必要で、また介護栄養食事指導料や居宅療養管理指導費が算定できるので、管理栄養士の需要が高い。
3. 特定給食施設指導を行う保健所栄養指導員は、医師または管理栄養士のうちから任命されることになっている。
4. その他管理栄養士の必置義務のある施設での需要は多い。
 

栄養士

1. 病院では、栄養士が行うことにより入院時食事療養費が認められる。
2. 介護保健施設では、基本食事サービス費の200円減額にはなるものの、栄養士がいない場合に比較して、600円の減額の適用を受けないことと、特別食を提供した時は、350円の所定額加算が認められる。
3. その他栄養士の必置義務のある施設での需要は多い。